P6303627_edited.png
​始めまして!
ほりうち株式会社の代表取締役を務めております多原美加です。

 幼き頃から、ぽん菓子の音と、ぽん菓子の出来立ての香りに包まれながら育ってきました。共働きの両親は、雨の日以外は全て外商に行くというパワフルな両親でした。その気質は受け継いだ気がします。特に父の頑固さはよく似ています。

 私の子どもは、4人のうち、3人に障害があり、その子どもの子育てを模索しながらも、家業であるぽん菓子業で働きながら、子育て、支援要請、カウンセリング、通院と、無我夢中で生きてきました。多くの経験をさせてもらい、現在は笑いあふれる家庭になりました。その経験から、幸せとは何か、助け合うこと、認めるとは何か、私の視点からお伝えしてさせていただいています。母子家庭となり10年が過ぎ、現在は地域の子育て相談などもうけつつ、ペアレントメンターとしての活動や講演活動も行っています。

  • Facebook のアイコン
  • Twitter のアイコン
  • Instagram のアイコン

私のストーリー

 

1973 年

5月21日、山口県山陽小野田市に生まれる

1991 年

 宇部フロンティア大学付属香川高校卒業

家業である「ほりうち商店」を手伝う

結婚をし、4人の子どもに恵まれる

子育てをしながら様々なボランティア活動を経験

2000 年

10 年間ほど、高千帆小百合幼稚園内のサークル活動

人形劇や大型紙芝居、ペープサート等を行う

宇部市の読み聞かせを学ぶ会「虹の架け橋」にて、読み聞かせを学ぶ

長男・次男が発達障害と診断を受ける

2010 年

高千帆小学校にて読み聞かせの会を立ち上げる

正食を学ぶ(初級・中級・上級)

2011 年

母子家庭となる(子どもの為に旧姓に戻さず) 

家業のほりうち商店で働き始める

     

長男・三男が目の進行性の難病網膜色素変性症と診断を受ける

 

小沢俊夫先生の昔話大学にて昔話を勉強 2 年

2013 年

山陽小野田市・発達障害児親の会「こころ会」を立ち上げる

 毎月 1 回開催 Facebookページはこちら @tunagaru.kokorokai

2014 年

子ども達の不登校経験から教育について考え始める

下関南総合支援学校にて講演

2015 年

 LITALIKO(りたりこ)発達ナビ コラムライター(現在コラムはお休み中)

私自身も発達障害があると診断をうける

LITALIKO(りたりこ)発達ナビ コラム多原美加のページはこちら

https://h-navi.jp/user/77

2016年

山陽小野田 SOS かたつむりでいこう会入会「ほりうち株式会社」

山陽小野田 SOS かたつむりでいこう会入会「こころ会」

SOS山陽小野田健康推進協議会イベントにて、障害福祉課・社会福祉協議会・

下関市南総合支援学校内の等とコラボイベントにて啓発活動

 

西京銀行 S1 グランプリ、ソーシャルビジネスコンテストに出場

ファイナルプレゼンターとしてプレゼン(絵本カフェでの親子支援事業プレゼン)

小倉のカウンセラー学校にて講演

2017 年 

三男が自閉症スペクトラムと診断される。

子育て密着取材を受け山口放送24時間テレビに出演

2019 年

ほりうち株式会社 代表取締役 就任

男女共同参画講演会にて子育て体験を講和。

2021年

防府市 教育委員会にて講演

 

10月28日小野田駅前に新店舗をオープンさせる

現 在  障害者雇用ができる事業を目指す。


子供たちについて

 

長女 

ほりうち株式会社の正社員として働いています

 

 

A君

「網膜色素変性症・発達障害・自閉症・場面緘黙・社会不安障害・不登校経験」

金融機関にて障害者枠雇用で就職

B君 

「発達障害 ADHD・不登校経験」

通信制高校を卒業後は、ほりうち株式会社で短時間ですが、私の父とぽん菓子の製造をしています。

  

   

C君

「網膜色素変性症・自閉症スペクトラム・発達障害・感覚過敏強い・不登校経験」

支援学校中学部と寄宿舎生活を終え、普通高校受験し支援を受けながら頑張りました。

​子育て体験談など、講演等も行っています。

​放課後等デイサービスなどでは、ぽん菓子のパフを使いワークショップなどのご依頼も承っております。

連絡先